20170628_ドリル(Swim:0.7km&Bike:5km&Run:7km)

バイク

多少でも乗っておこうかと珍しく朝にスピンバイクを15分。困ったことが起こるとそれに連動して行動が鈍る。体力云々という問題ではなく、それとは別に頭が疲れてそうなる。 

ラン

第22回T会で駿府城址の内堀をゆっくり4周。雨が止んで良かった。

スイム

プール以外でもスカーリングを練習していたおかげで普通に進むことができるようになった。最初、全然進まなかったことを考えるとなかなかの進歩。しかし、これによってクロールにプラスの影響が出てるかどうかの実感はない。勝手に紐付いていくのか、何か意識しないとスピードアップに繋がらないのかは現時点で謎。また次回までに調べてみよう。

以上です。

20170625_アクアスロン(Swim:1.0km&Run:10km)

今日はアクアスロンに参加。最初雨が降っていたけどスタート前に止む。スイムは1000mで2周回。それほど混戦にもならず、落ち着いて自分のペースで泳ぐことができた。遅いけど。バイクがないのでランは普段通りのペース。途中で15番だと教えてもらう。前の方に追いつこうとしてじわじわ詰める。しかし、それ以上のペースで後ろから足跡が迫ってくる。信号で前後2人と自分の3名が止まり、青になった途端一斉にスタート。後ろから迫って来ていた方がラストスパートを仕掛けたのでそれに着いていってもう1人の方を引き離すものの、最後は競り負けてしまい結局15番でゴール。スイムはトランジション込みで24分。ランは43分で4分18秒/kmくらい。スイムもランももう少しいけたのではと終わった後には思ってしまう。実際にどうかというのはまた別の話。アクアスロンは初めてだったけど面白かった。お手伝いのつもりがご厚意で選手として参加させてもらい感謝。f:id:ogawork123:20170625140753j:image

以上です。

20170624_トランス(Bike:80km)

バイク

練習会で久能街道を往復。自分が遅いのか周りが速いのか、ドラフティングなしで距離を空けて走ってるとじわじわと離されてしまう。先日、谷津〜大原周回で40kmを走った時の平均速度は34km。本番では37kmでいきたいと考えていたけど、あと3km詰めることなんて果たしてできるのだろうか。無理にペースを上げるとランの失速を招いてしまう可能性もあるし、どこまでいけるのかという線引きをするのはなかなか難しい。目標タイムのことを考えるとランよりもバイクの方をなんとかすべきなのかもしれない。現時点だとランの方がなんとかなりそうに思える。

f:id:ogawork123:20170624120657j:image

以上です。

20170623_谷津〜大原周回4倍キャンペーン(Bike:50km&Run:5km)

バイク

比較的早めに帰れたのでチャンスだと思って外を走ることに。やっぱり早く帰れる時とそうでない時では色んな意味で内容に差が出る。当然だとは思うけど本当にそう思う。差があまり出ない人は相当フィジカルとメンタルが強い人なんじゃないかと予想する。

f:id:ogawork123:20170623004401j:image

今日は谷津〜大原周回コースを5周。この前のMt.富士ヒルクライムの平均Wが240(4倍)だったのでそれを目安に。5周共240〜245Wの範囲で走ることができたので良かった。練習用に自分で作ったセグメントだけど特に夜走るにはいいコースだと思う。ツール・ド・おきなわの練習にも良く使ったなと走りながら思って懐かしく感じた。

ラン

f:id:ogawork123:20170623010058j:image

バイクはなるべくランに疲れを残さないようにペダリングするというのが今日1番気をつけたことだった。無理なくこのペースで走れたので少なからず効果はあったと思う。結局のところ疲れを残さないということは無駄に踏む力を使わないようにすることだと考えた。12時〜3時の角度で踏み込んで反対側の脚は踏み込む力の邪魔にならないように引き上げる。教科書通りのことだけどここら辺が徹底できていなかったように思う。バイク単体で考えてもプラスなので相乗効果になっていると言ってもいいのかもしれない。

以上です。

20170622_両手(Swim:1.0km)

スイム

意識する点は明確な方がいいし、その数は多い方がいい。できたかどうかの判断もついた方がいいし、やることは事前に決めてからやった方がいい。しかし、そんな感じでやるのはなかなか難しいなと思う。特にスイム。前回の練習会で教えてもらったことの復習をしようと色々考えてやってみたけど、あまり上手くできたとは言えない内容だった。時間は限られているので有効に使えるように心掛けたい。おそらくスイムは本番まで両手で数えられる程しか練習の機会はない。

以上です。