乗鞍ヒルクライム試走

今日は乗鞍ヒルクライムの試走へ行ってきました。

現地に着くと、雨が降ったり止んだりを繰り返している状況でした。

改善する気配がなかったので、雨が止んだ時に意を決して試走を開始。

しかし、しばらくするとやはり雨が降ってきました。

標高が上がるにつれて風が強くなり、気温もだんだん下がってくるので寒くて大変でした。

完全にガスってて視界もよくない状態です。

ながいながい道のりを登り終えて、ついに長野県と岐阜県の県境の頂上ゴールへ到着しました。

ゴールしたはいいものの、容赦なく雨と風と寒さにさらされます。

ゴール付近には風を遮るものが無かったので、特に凄まじいことになってました。

唯一の防壁となる看板にMあきさん、M松さん、S塚さんが避難。

さ・・・さむい!!!

無事生還を目指す我々としては、いるだけで体力が減っていくこのデスゾーンに長居をする訳には行きません・・・という訳で速攻で下山。

この下りこそが実は本番で、登りよりも大変でした。

下りきった頃にはみんな体力を消耗し切って、実年齢+5歳になってました。

あまりの寒さに脚はガクガク。

手はピリピリとなんだか痺れている状態。

乗鞍エコーライン・・・おそるべしです。

試走といいつつもタイムを計っている心の余裕も無かったです。

当日の天候も晴れるとは限らないので、雨・防寒対策は十分にしておくべきだと思いました。

森林限界を超えると本当に別世界のようです。

景色を楽しみながら走るといったことはできませんでしたが、これはこれで忘れられない良い思い出となりそうです。

またいつの日か、天候に恵まれた日に乗鞍を登りましょう。

試走におつきあい頂きました皆様、ありがとうございました。お疲れ様でした。

本日の走行距離:40km