読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

20130927_蛇塚〜寸又峡〜朝日岳(Run:10km&Bike:100km)

クライミング

今日はロードバイクで寸又峡まで行き、そこから寸又三山の朝日岳を登りに行ってきました。

寝坊をしたり、サドルとクリートを調節したりしている間にすっかり出発時刻は遅くなり、なんと結局家を出たのは9:40。

朝日岳コースタイムは7時間55分なので、なんだかスタートで既に駄目そうな感じですがとにかく寸又峡へ向かうことに。

9:40 出発

10:15 尾崎商店

10:55 杉尾はなのき展望休憩所

11:20 千頭

12:00 寸又峡

といった感じで2時間20分で寸又峡に着きました。

以前、同じような感じで沢口山に登った時も利用した「手造りの店 さとう」さんでひとまず昼食。

頼んだのは「山菜椎茸蕎麦」でしたが、特に椎茸が美味しくて大満足でした。

お店のご主人に今日朝日岳に登りたい旨を伝えたら、中腹の「合致ボツ」というポイントまでならおそらく大丈夫だろうとのことだったので、「合致ボツ」を目的地に設定。

昼食後、準備をして12:45に登山開始。

朝日岳登山口へは猿並橋という橋を渡って行きますが、結構高さがあって怖いです。

地図で確認すると「合致ボツ」までのコースタイムは2時間40分とのことなので、先を急ぎます。

朝日岳の登山口に到着しました。

平日なせいか他の登山者の気配は全くありません。

膝が弱いので、上半身を使ってできるだけ負荷がかからないように登っていくと、途中に開けた場所がありました。

ここからは大間ダムが見えました。

沢口山よりは難易度が高いということで、比較的傾斜の厳しい道がずっと続きます。

下りの方が苦手なので、下ることを考えると少し不安に感じました。

13:45に「合致ボツ」に到着。

思ったよりもいいペースで来れたようで、1時間で目的地に着くことができました。

時間が余りないのは確かですが、まだもう少し余裕があるので、1時間後に引き返すことにして先に進んでみることに。

こういうのははじめて見たのですが、倒木の断面に道の案内が。

反対側には「寸又」と書いてありました。

道中、展望所も2箇所ほどあったのですが、段々と霧が出てきていて景色は鮮明に見えません。

あまり自信がないのですが、見えているのは沢口山でしょうか。

この辺りから更に急登になり、台風の影響による倒木も目立つようになってきました。

もうしばらく進むと、木に食べられてしまっている衝撃的な看板が。

自然の力というのは偉大ですね。

ここを過ぎた辺りで丁度1時間が経過したので引き返すことにしました。

高度計を見ると1700mとなっていたので、標高が1826mの朝日岳頂上まではおそらくあと20分位だったのではないかと思います。

1時間45分後の16:30に登山のスタート地点まで戻ってきました。

今日の山行時間は3時間45分でした。

あと30分余裕があれば頂上まで行けたかもしれません。

下りのペースがどうしても抑え気味になってしまうのですが、膝を痛めずにペースを上げられるように工夫していきたいです。

17:50に寸又峡を出発しましたが、あっという間に暗くなってしまいました。

「秋の日はつるべ落とし」という言葉を昼食を頂いたお店で教えてもらったのですが、本当につるべが落ちるようにあっという間に日が落ちました。

まさか、ここまで真っ暗な蛇塚を登ることになるとは・・・結局、帰宅したのは19:30。

ロードバイクに乗っていた時間は、行きに2時間20分、帰りに2時間40分で往復5時間。

獲得標高はロードバイクが2900m、登山が1100mで合計4000mといった感じに。

最後は、県道77号で寸又峡まで7.7kmという地味に奇跡的な標識で〆させて頂きます。

あと、去年台風で中止となってしまった寸又峡カモシカトレイルアドベンチャーランの開催日が12月8日(日)に決定したようです。

コースは沢口山への往復6km、かなり短めのトレランですので、興味のある方はいかがでしょうか。

自分はエントリーしてみることにしました。

以上です。