読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

20131208_寸又峡カモシカトレイルアドベンチャーラン(Run:7km)

今日は寸又峡カモシカトレイルアドベンチャーランに参加してきました。

寸又峡にある沢口山の頂上を折り返し地点に総距離7kmの山岳コースを走ります。

6:30に寸又峡に到着した後、7:00に受付を済ませ、9:00のスタートの時を待ちます。

開会式の様子。

第一回目の去年は台風で中止になってしまったので、今回が実質第一回目の開催とのことです。

コースアドバイザーには望月将悟さん。

スタート地点はこのカモシカのオブジェがあるところです。

受付順に15秒毎のウェーブスタートとなりましたが、そうとは知らずに早めに受付をしてしまった為、後ろの速い方達の邪魔にならないかなとか思いつつスタートしました。

カモシカオブジェの裏が登山口の日向山コースから沢口山の頂上を目指し、往路は猿並平
コースという別ルートを使います。

日向山コースと猿並平コースの分岐点を過ぎると沢口山の名木、大ミズナラがあります。

ここまで来れば沢口山の頂上はもう少し。

コースの分岐から沢口山の頂上までの区間は往復共通のルートとなので、すれ違いに注意しながら進みます。

沢口山の頂上に到着。

ここで、チェック用の輪ゴムをもらって折り返しです。

沢口山登山の標準タイムがおおよそ5時間なので半分の2時間半をゴールタイムの目安にしていたのですが、タイムを確認してみるとここまで1時間と思ったよりも好タイム。

ここからは苦手な下りでしたが、1時間半でゴールすることを目標に頑張ることに。

その結果、1時間半でゴール!!!

厳密にいうと1時間30分5秒でしたが、そこは大目に見て頂けたらと思います。

ゴール後は、参加賞の無料入浴券を利用して温泉へ。

走った後には最高ですね。

受付会場に戻ると、豚汁やおむすび等の振る舞いがあったので美味しく頂きました。

他にも蕎麦があったりでボリューム満点。

表彰式まで時間がありそうだったので、夢の吊り橋まで行ってみることにしました。

夢の吊り橋といえばエメラルドグリーンの湖水で有名ですが、大間ダムが水抜き中の為、普段見られない湖底が見れるとのこと。

トンネルを抜けて夢の吊り橋に着くと、確かに水がなくなってました。

あまり大間ダムの水抜きがされることもないらしく、地元の人にとっても馴染みのない光景のようです。

再び受付会場に戻ると、思ったよりも早い12時半に表彰式がはじまっていたようで、既に表彰式は終わって抽選会のジャンケンで盛り上がってました。

途中から参加したもののジャンケン・・・勝てず(笑)

抽選会が終わったあと閉会の言葉をもってレース終了、優勝された方はなんと1時間2分59秒で完走したとのこと。

このレースは寸又峡の自然の中で走れるロードなしの100%トレイルコースが魅力だと思いますし、距離も短めなのでトレイルランの入門レースにもとてもいいのではないかと感じました。

来年も開催が決まったら、有志を募ってみんなで出てみたいです(既に候補は何名か・・・)。

関係者の皆様、今日は楽しいレースをどうもありがとうございました。

以上です。