20140511_FUJI VELO FESTA(Bike:105km)

今日は富士ヴェロフェスタの6時間チームエンデューロに参加してきました。

今年はH岩さんとの2人チーム、メンバーは違うものの去年走った感じから目標を下記のように決めました。

①目標周回数:47周

・1周4526mなので約213km
・平均時速35kmで1周7分30秒が目安

②目標順位:7位以内

・47周は去年のリザルトでは3位
・今年は参加者が増える見込みで設定

雨だった去年とは打って変わって快晴の富士スピードウェイ

新しくデザインしたCUBEビブショーツも見事に間に合い、気合いも十分です。

そしていよいよエンデューロスタート。

交代を3回(6時間を4回に分けて交互に走る)することに決めて、スタートは自分が担当させてもらいました。

1周目はゆっくりパレード走行で、2周目からが本番です。

最初は集団がまとまり過ぎていてトラブルが怖かったので、後ろの方に下がってインに入らないようにしながら走行していましたが、だんだんと先頭集団が形成されてきたので、O場さんと一緒にその中に入って堅実に周回を重ねていきます(この時のペースは大体1周6分30秒〜7分)。

しばらくすると先頭集団が2つに分かれて中切れしてしまった為、後方の集団に残るか、それとも前方の集団を追いかけるかの判断を迫られたのですが、まだ少し余裕があったので前方の集団を追いかけてみることにしました。

そしてなんとか追いついて再び先頭集団で走っているとあっという間に1時間半以上が経過、そろそろH岩さんと交代しようなと思っていたら、なんと他のカテゴリのフィニッシュに伴いピットがクローズされていてピットイン難民化してしまい、結局2時間以上走ってからH岩さんと交代。

この時点で確か6位〜8位くらいだった気がするのですが、順位をキープで順調にH岩さんが走って下さったおかげで、残り2時間を切った頃にいい流れのまま交代することができました。

ここからは前半ほど脚が残ってないのに加えて、2時間と4時間のエンデューロが終了したことでコース内の人数も減っていたので、集団で走るのがなかなか難しかったです。

そのままのペースで走ってチャンスを見つけてトレインに入るか、意図的にペースを落としてトレインを見つけるかで迷いつつも前者を選択。

なんとか後ろから来た少人数のトレインに入ってみましたが、無理しないと着いていけないペースのトレインだったので、全然余裕がない状態で周回を重ねることになってしまい、数周走った後の計測ラインを過ぎた辺りの周回始めで両脚が痙攣、ペダルを漕げない状態に。

幸か不幸か最初の長い下り区間の手前だった為、後続に気をつけながら脚を揉んだりして回復を試みたところ、なんとか登り区間を越えられるくらいになりましたが。登り切ったところで再び両脚が攣ってフラフラの状態でピットイン、最後はH岩さんに全てを託させてもらって力尽きました。

そして6時間エンデューロ終了・・・結果は47周で6位でした!!(平均時速34.9km、1周平均7分42秒)

DOG元さんとO場さんのチームが5位だったので、5位と6位で連番フィニッシュをすることができました。

今回は参加チームが増えて100チームくらいとなっており、それに比例してレベルも上がっているので、今後は50周まわることができないと入賞は難しそうです。

後半、疲れが溜まってくるとペダリングが不安定になってきたり、フォームが崩れてしまったり、走っていて見えてきた課題もたくさんあったので、次回も出るとしたらそういった面を改善して、1周、2周と周回数が増やせたらいいなと思います。

一緒に参加していた他のチームの皆様も大きなトラブルもなく全チーム無事に完走、女子チームに至ってはまさかの1、2フィニッシュ、Mスカラス夫人のトークライブも見ることができて大満足、忘れられない楽しい富士ヴェロフェスタになりました。

H岩さん、皆様、今日はありがとうございました。

以上で〜す。