20140517_畑薙ダム〜二軒小屋(Bike:60km)

今日はMTBで畑薙ダムから二軒小屋まで走ってきました。

畑薙ダムといえば、悪沢岳赤石岳聖岳といった南アルプスの山々の登山口となっている場所です。

畑薙ダムより先の林道は一般車両は通行止めとなっており、通行手段はバスか徒歩、そして自転車のみ。

一昨年、南アルプス登山をした時にそのことを知ってからというもの、いつか自転車で走りたいと思っていました。

そんな中で、しょうさんより今回の話の提案があり、念願叶っての畑薙ダム〜二軒小屋ツーリングとなりました。

畑薙ダムまでは車で移動し、そこからMTBで林道を走って二軒小屋を目指すことになります。

いつものメンバー、ひさしぶりのメンバー、初めてお会いするメンバー、合わせて10人が集まり、賑やかな感じ。

走りはじめると、早速DOG元さん、H岩さん、DOWさん辺りがいいペースで進んで行きます。

自分は前回乗った時にサドルを下げたままで走り出してしまったことから、位置を調整するという名目でいったん離脱。

寒いと思って着ていた上着もあっという間に脱ぐことになりました。

DOG元さんは今日も妥協の無い走りで着いて行くのがとても大変。

でも、こんなに楽しい林道を走っていると次から次へと疲れが吹き飛んでしまう気すらします。

リニアが通る話もあるとのことですが、いつまでもこの自然が保たれることを願わずにはいられません。

途中、H岩さんがパンクというアクシデントにも見舞われたものの、なんとシーラントで自動修復。

シーラントって凄い。

中間地点の赤石ダムに到着。

ここからの景色は本当に綺麗でした。

快晴の空をバックにそびえる3000m峰、残雪を残した姿がとても絵になります。

トンネルを抜けて赤石ダムの上に抜けると、そこにはエメラルドグリーンの湖面が広がっていました。

どこか別世界に来たような、そんな気持ちにさせてくれるロケーションです。

その後も、スケールの大きな景色に終始圧倒されっぱなし。

渓流沿いを北上するようなルートなのですが、普段釣りをしない自分でも釣りをしたくなってしまうような見事な渓流です。

釣りを楽しんでいる方も何人かいらっしゃいました。

そしてもうしばらく進んでいくと、このような見事な滝を発見。

止まって写真を撮っていると、近くにいた渓流釣りの監視員の方が、ここがもう二軒小屋だと教えてくれました。

滝の近くは霧状の水しぶきに満ちていて、眺めているだけで清々しい気持ちになりました。

そして、目的地の二軒小屋ロッジに到着。

ロッジの方に許可を頂いて、みんなでバーナーを使ってのランチタイムとなりました。

自分は計画通り、トマトピューレを加えた塩ラーメンの残り汁からリゾットを作ってみたのですが、思っていたより美味しくできたような気がします。

これも、海老塩ラーメンのポテンシャルの高さのおかげです。

楽しいランチタイムの後は駐車場までゆっくり・・・とはいかず、やっぱりなハイペースで帰ったのですが、充実した内容に大満足。

景色も走りもしっかり堪能でき、念願も叶ったので最高の1日でした。

今回はSEIさんが今月一杯で地元に帰ってしまうことから、静岡にいる内に一緒に走れる最後のライドともなりました。

SEIさんとの出会いは自分がロードバイクをはじめる中で、間違いなく大きな出会いだったと思ってます。

1番最初に色々と教えてもらったので、MTBだけでなくロードバイクの師匠でもありますね。

また静岡にもちょくちょく来られるとのことだったので、これからもたくさん一緒に走れたらと思っています。

一歩違う道に踏み入ってみると、そこにはまた違った世界が広がっているのかもしれません。

少し歯車が違っていたら、今日このメンバーでこの場所を一緒に走れていなかったかもしれないと思うと、なんだか不思議な気持ちにもなりました。

自転車を通じてたくさんの素敵な方々と知り合うことができて、自分はラッキーです。

皆様、今日はありがとうございました。

以上です。