読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

北海道縦断1日目(2)

北海道縦断1日目(1) - 乗鞍ヒルクライムへの道(仮)

〜北海道っぽいサイン〜

11:30に函館空港を出発。

荷物をすべて積んだ状態のロードバイクはありえないくらい重いです。特に後輪側は重さが集中している為、持ち上げようとしても、いつものような要領では全然上がりません。かなり力を入れてようやくタイヤが地面から離れる感じ。少なめに見積もっても20kgくらいありそうで、本当にこれで北海道縦断できるのだろうかというのが正直な気持ちでした。おそらくいつもよりも体力を消耗するだろうし、走行距離も伸ばしにくそうです。

まず最初は、峠下という場所にあるラッキーピエロの総本店を目指します。ラッキーピエロとは、通称ラッピと呼ばれる函館にしかないご当地ハンバーガー屋さん。

ようやく出発したのはいいものの、県道100号にうまく出れずに30分ほどタイムロス。おまけに信号待ちでは荷物の重さで倒れそうになり、ダンシングをすればバランスがとれなくてふらついてしまう。そして横風が吹けばパニアバッグが風を受け止め、左右に車体が流される。しかし不思議なもので、2〜30kmくらい走っていたら段々と慣れてきた。

走り始めは市街地といった感じの道でしたが、しばらく進んでいくと松の並木道へ入りました。赤松街道というらしく、日本の道百選に選ばれた道らしいです。この辺りで追い抜いていく車の助手席側の窓から手が伸びてきたので注目していると、親指を立てて腕を上下させていました。それに答えて同じように親指を立てて返事をすると、相手もまた返してくれました。

普段、静岡で自転車に乗っている限りではこういったことはまずない気がします。ちょっとしたことではあったけど、なんだか嬉しく感じたものでした。昔から旅をする人が多い北海道ならではのことなのかもしれません。走り初めて最初に北海道らしさを感じた出来事でした。

しかし、この頃から段々と雲行きは悪化。そのまま道なりに走っていると、次第に雨が降り始めたので、セブンイレブンへ避難することに。ちょうどドリンクの補給もしたかったので、会計を済ませて外に出ると雨脚は弱まっていたので、レインウェアは着込まずそのまま進むことに。

しかし、ラッキーピエロの近くまで来ると、再び雨脚が強くなってきました。これはさすがにまずいと思い、大急ぎで走った結果、なんとかびしょ濡れになることなくラッキーピエロに到着。その後、一気に大雨になったのでギリギリセーフだったようです。時刻は13:00で、予定より1時間ほどの遅れでした。

〜ラッピでいっぱい〜

店内に入るとでっかいキリンがお出迎え。なんだか遊園地に来たかのような独特の内装に圧倒されながら、チャイニーズチキンバーガーと、函館スノーバーガーを注文しました。看板メニューのチャイニーズチキンバーガーには目玉焼きとチーズの有無で松竹梅と特上が選べるようになっていました。とりあえず、トッピング無しの梅で。

注文から提供まで45分ほどかかるとのことだったので、その間に今日の宿を決めることにしました。当初は洞爺湖まで行く予定でしたが、時間的に厳しそうなので長万部で泊まることにしました。今回の旅では、事前に宿をとっていません。明日以降もお昼過ぎくらいを目処にどこまで行けるかを判断して宿を決めるようにしていきます。

そしてお待ちかねのハンバーガーが登場。チェイニーズチキンバーガーを食べてみて一気にラッキーピエロのファンになりました。甘酸っぱい中華味のソースとチキンとパンズの組み合わせが絶妙。これまで食べてきたハンバーガーの中で1番かもしれない。函館スノーバーガーの方も、濃厚なチーズがいいアクセントになっていて美味しかったです。

14:30にラッキーピエロを出発することとなったのですが、ちょうどいい雨宿りとなったようでその頃には雨がやんでいました。この先は大沼へ抜けることになるが、今いる峠下という地名が示す通り、昼食後いきなり坂を登ることに。調子に乗って食べ過ぎてしまったせいで、自転車だけでなく身体もめちゃくちゃ重い。

うまいラッキーピエロでお腹がいっぱい。うまいラッキーピエロで心もいっぱい。しかし走りはいっぱいいっぱいでやばい

〜クマよりも怖いもの〜

なんとか峠を登り切ってトンネルを抜けると、湖が広がっていました。どうやらここが大沼らしい。一度、景色がいいところを通り過ぎてしまいましたが、やっぱり戻ろうと思って戻ってきました。遠くに見えるのはおそらく駒ヶ岳。特徴的な尖った山頂がはじめは見えていましたが、すぐに雲に覆われてしまいました。そして、また雨が降りそうな気配が。

その予想が的中して、また雨に降られました。残念ながら、今度はすぐには止みそうにありません。大沼から森町へと続く道に、屋根付きのバス停があったのでそこでレインウェアを着込みました。北海道ではバス停に屋根がついているので、雨が降ってきた時の避難には便利です。

レインウェアは今回の旅の為に用意したものだったが、走り出してみると思っていた以上に快適でした。これなら、かなりの大雨でも走れそうで一安心。その後は、左は晴れ間、右は雨、そして虹という落ち着かない天気が続きました。

イカ飯で有名な森の辺りでは、「熊よりも、蛇よりも怖い、交通事故」という交通スローガンが道路脇に掲げられていました。確かに熊も蛇も怖いが、交通事故はもっと怖い。なんとも北海道らしい交通スローガンだったのですが、それだけに記憶に残り、走行中に普段以上に注意を払うことができました。

イカ飯も食べたかったですが時間も押してきているので、長万部名物のカニ飯にターゲットを絞ることにして先を急ぎます。

北海道縦断1日目(3) - 乗鞍ヒルクライムへの道(仮)

PVアクセスランキング にほんブログ村
ここをクリックで投票