犬と猫とオウム

栗村修さん監修で最近発刊されたムック本、「最新!トッププロが教えるロードバイクトレーニング2015」を読んでみました。

その中で、栗村さんの提唱する性格分類である「犬型・猫型・オウム型」の話が再び書かれていました。過去に栗村さんが出した本でも書かれていたので目新しい記事でもないかと思ったのですが、新たな情報も。

細かい説明は面倒なので省略しますが、夏休みの宿題を最終日にやっていると猫型らしいです。あと、100%犬型とかで分類される訳でもなく、犬型70%、猫型30%とかのハイブリッド型も存在するらしい。更に宇都宮ブリッツェンのメンバーの性格を分類しているページでは、「犬の皮をかぶった猫」とか、「オウムときどき鷹」とか、「ヨークシャーテリア」とか物凄く細かい分類があることが判明しました。

もはや、犬種まで入ってくるとよくわからないですが、ここで大切なのはトレーニングをするにも個々のパーソナリティーに合った方法があるということです。犬型は規律、猫型は感覚、オウム型は順応で強くなるといった感じになってます。自転車に限らず、何事にも通じるものがあるのではないでしょうか。

ちなみに自分は「オウムのふりをした猫」のような気がしました。

こんな感じのどうでもいい部分が面白かったのですが、あまり他のこういった本では載っていないようなタイプの情報もあって参考になりました。

以上です。

PVアクセスランキング にほんブログ村
ここをクリックで投票