読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

走ることについて語るときに僕の語ること/村上春樹

 

走ることについて語るときに僕の語ること (文春文庫)

走ることについて語るときに僕の語ること (文春文庫)

 

 読みました。

さて、村上春樹さんと言えば説明が不要なほど著名な小説家ですが、実はトライアスロンをやっているということは意外と知られていないことなのかもしれません。トライアスロンはマラソンから派生して始めたものであり、あくまでもその中心にあるのはマラソンということで、この本は「走ること」というテーマについて著者が考えたことを1冊にまとめたものになります。この前、ブチョーと話している時に教えてもらった本なのですが、なかなか共感できる部分もあって読んでいて面白かったです。この本のタイトルの中の「語ること」とは、「走ること」との付き合い方についてという感じがします。それにしても、ここまでマラソンに真剣に取り組んでらっしゃる方だとは思いませんでした。月に200〜300km走るというのはとても真似できるようなことではありません。本が刊行されてから大分経っていますが、おそらくこの本の内容からすると今も変わらずに走り続けていることと思います。 

以上です。