20160417_ツール・ド・八ヶ岳(Bike:50km)

ツール・ド・八ヶ岳に参加してきました。今回が初めての参加です。大会の歴史は長く、本年が30回目の開催とのこと。これはマウンテンサイクリング in 乗鞍に匹敵します(乗鞍の方が1回多い)。前日の22時頃に出発して当日の1時半過ぎに現地に到着。夜の52号を走ってると3年前にロードバイクで日本海まで行った時のことを思い出しました。車で長野まで行くのも長いと感じるのによく行ったものです。受付開始が6時半からなのでそれまで睡眠をとって、頃合いを見て千ヶ日向総合グラウンドの駐車場に移動。AKBご夫妻とY組のみんなは八千穂スキー場での駐車でしたが、スタート地点で会うことができました。

f:id:ogawork123:20160418091602j:image

天気は雨が降ったり止んだりの繰り返しでしたが、思っていたよりは悪くないコンディション。ただ、風が強い。受付を済ませてスタートを待っているとライバルチーム(?)のニーハイの皆さんが。Y内さんとM上さんはカテゴリが一緒なので負けないように頑張らなければ。そうこうしている内にスタート。なんか気がついたらカテゴリの先頭に並んでたので、最初だけは速い人達のペースに乗って頑張ることに。

サイコンにパワーが表示されないアクシデントがあって、一旦計測をやめてから再び開始。前日にブチョーに225Wキープで頑張りますと宣言したものの、実際に走り出してみるとなかなか厳しい。途中、M上さんと抜いたり抜かれたりの接戦になって八千穂スキー場を過ぎた辺りまで並走。後半は所々で物凄い強風になっていて、漕いでも漕いでも押し戻されているような感じでした。終盤はニーハイの御二人よりも少しだけ先行できていて、このままゴールまで逃げ切れるかなと思い始めたラスト1kmの下り区間。インナーからアウターにギアチェンジしたところ、異音がしてロック。まさかのチェーン落ち。おまけに強引にペダルからシューズを外した影響で、クリートがはまらなるトラブルも。その結果、M上さんとY内さんをお見送りすることになってしました。どうやら最終的にはY内さんが勝った模様。詰めが甘いとはまさしくこういうことを言うのだなと思いましたが、そういうのも含めてレースは楽しかったです。今度は御二人に負けないように頑張りたいところ。

ゴール後はヨッシーとムラーラくんと下りましたが、途中で坂と格闘中の家康くんがいたのですれ違う時にファイトと一声。八千穂スキー場まで下って振る舞いのキノコ汁を頂いてから、張り出されたリザルトにも目をくれず千ヶ日向グラウンドの駐車場まで移動。

その後、向かった先は・・・

f:id:ogawork123:20160418214846j:image

もちろんこのお店、ROCK。八ヶ岳と言えばここのベーコンカレーです。AKBご夫妻とY組の3人と一緒に。結構ボリュームがあって美味しいです。とは言えムラーラくんには量が物足りなかったようですが(次回は大盛りかな)。なんだか振り返ってみると、レースよりもこっちの方がメインだったような気がしなくもない。

f:id:ogawork123:20160418215440j:image

サービスで串に刺さったマシュマロを暖炉で炙れるようなっていたので、喜び勇んで暖炉にマシュマロを投入です。しかし気がつくとマシュマロが炎上。おまけに鎮火できずに溶けて落下。暖炉の灰にまみれてマシュマロモンスター化するという悲しい出来事が。その後、T夏さんに正しいマシュマロの炙り方を教えて頂きました。これでゴーストバスターズに救援を要請しなくて済みそうです。ありがとうございます。

f:id:ogawork123:20160418220902j:image

ROCKを出ると青空が広がっていました。しょうさんとハセさんも来れば良かったのに(とはいえ、レース中は思いっきり雨降ってましたが)。帰りは積雪がまばらになった八ヶ岳連峰が綺麗に見えてたり、南八ヶ岳花の森公園の辺りに百尾以上と思われる鯉のぼりが飾られてたりで季節の移り変わりを感じました。次のレースはMt.富士ヒルクライム。申告タイムは1時間12分30秒にしましたが、今回のツール・ド・八ヶ岳のタイム(1時間32分)から考えると相当頑張らないとこのタイムでは登れそうにありません。やれるだけのことはやって本番に臨みたいものです。あと、今年はペダルが折れたりしないといいなと思います。

f:id:ogawork123:20160418222724j:image

以上です。