読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

自転車旅の構想(四国編)

ふと、四国に行ってみたいなと思いました。以前、オートバイで高知まで行ったことがありますが、まだまだ四国には知らない場所がたくさんです。高知に行った時は、坂本龍馬記念館とか中岡慎太郎館とかに行った気がします。

 

とりあえず「るるぶ四国」を買って眺めていると、まずうどんが食いたいと思いました。うどんと言えば香川県なので香川を中心にうどんを食いまくる自転車旅というのもいいなと思いました。

 

また、4年に一度のうるう年は四国八十八ヶ所を逆に巡るとさらにご利益があるお遍路にとって特別な年とのことです。ちょうど香川県には第88番の大窪寺があるのでそこから香川県限定で逆打ち自転車遍路をしてみるのも面白そうです。ちなみに香川県は涅槃の道場と呼ばれているらしく、八十八ヶ所の内の二十三ヶ所を有します。元格闘家の須藤元気さんが自転車遍路をした時のことの本があるのですが、大分前にそれを読んだことを思い出しました。

 

二十三ヶ所を周った後は四国4県を内周りに一周しつつ徳島県の祖谷渓を経由して帰るというのも良さそうです。日程に余裕がありそうなら行きか帰りに淡路島を通るのもありかなと思います。

 

これぐらいまで決まってれば、あとは割とどうにでもなります。実際にやるかどうかは別にしてもプランとしてはなかなか良さそうです。四国1周はなかなかハードそうですが、1県をメインにすればゆったり色々まわれるかもしれないですね。

 

以上です。