読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

20170219_2週間前(Bike:50km&Run:25km)

ラン

走り出した時の予定は5km25分から始めて5km毎1分ずつタイムを縮めていくビルドアップ走20km。しかし10km過ぎた辺りで1分縮めるのが厳しく感じたのでレースを想定してのペース走に切り替え。20km過ぎた辺りでは2時間走にすればちょうど25kmになるなと思ったので時間と距離を延長。5分/kmをキープできなくなるまでやってみようかとも考えたけどどこか痛めるのも嫌なので思い留まる。とはいっても25km走り終えた時に脚もまだ大丈夫で全体的な心拍数も余裕があったので好感触。今回はバイクでいうとケイデンス90(ピッチ180)をキープすることを意識して走ったけどそれがペースキープと脚の負担を抑えるのに役立った。ランについてはあまりノウハウがないけどバイクの方から横展開すると近道になることは多い。静岡マラソンではサブ3.5を目標にしているけど根っこの部分ではそれそのものはどうでもいいようにも思ってる。でも色々教えてくれたり応援してくれる人達もいるからそれに応えられるようにしたいという希望はもっている。つまりタイム自体はそれほど重要ではないにしてもやろうとしていることに向けてやるだけのことをやるのは楽しいことに繋がると思う。駄目でも別にそれでもいいかな思えるくらいに準備も充実しているのでそこら辺のバランスもいい感じに保たれてる気がする。多くは周りの人達のおかげなのでそこら辺はとてもありがたいところ。

バイク

ランに続けて1時間半走ればフルマラソンの時間になるのでそれを狙って羽鳥のカインズホームから湯ノ島までをノンストップで往復。意識したのは心拍数をランの時と同じくらいにすること。そうするとおそらくAP200くらいになるんじゃないかと思ったのでパワーも目安にして走る。結果1時間33分のAP201、NP215だった。走ってる途中で下りもあるからNPで考えた方が良かったなと思ったけど今回はどちらでも大体同じ。ランだけで3時間半はなかなか難しいけどバイクで補うとだいぶ楽になるしその方が面白いような気がする。トライアスロンの凄い人達はランでもサブ3前後とかなのにバイクも強くて一体どうなってるのかなと思ってたけどランだけだと脚への負担が大きいからそれだけに絞ると練習としては効率が下がる場合がある。という訳で組み合わせ次第で1つの種目だけやるよりも相乗効果でプラスにすることも十分できるんだなと実感としてよくわかるようになった(今日みたいな内容ならリカバリーも狙える)。バイクはそれだけやってた方が伸びる気もするので特にランに対してそういう面が強いのかなと今のところ思ってる。今どんな状態なのか、70でいいのか、それとも80か、あるいは100にしたいのかによっても色々変わってくるような感じはある。

以上です。