20170716_大井川港トライアスロン(Swim:1.5km&Bike:40km&Run:10km)

今日は大井川港トライアスロンに参加してきました。

f:id:ogawork123:20170717102111j:image

天気予報の最高気温は35度、灼熱のレースです。

スイム

スタート前、立ち泳ぎは疲れるのでボートに捕まって待機。周りには何故かリンゴとミカンが浮いている。時間になり合図と共に一斉スタート。耳栓が外れて耳に水が入りまくるというアクシデントがあった以外は可もなく不可もなく。本番はプールと違って前後左右に選手がいるのでどうしてもそちらに意識が持っていかれてしまう。そんな中で泳ぎに集中することはなかなか経験がいることだと思う。前に出ようとして出れない場面もあったのでもう少し序盤の位置取りを考えると良かったのかもしれない。

バイク

トランジションが上手くできたかどうかはわからないけど早めにバイクコースに入ることができたように感じる。往路が向かい風で復路が追い風。途中、色々思うところがあって予定よりも負荷を掛けて走ることにした。それでも平均時速37kmまで上げることができなくて実力不足を痛感。結果的に思いっきりランに影響が出るような走り方をしてしまったけど後悔はなし。意味のある試みだったと思う。コーナリングが安全マージンを取りすぎて他の選手より遅かったのは反省点。

ラン

f:id:ogawork123:20170717102219j:image

ランは思いっきり後半に失速してしまった。バイクで脚を使い過ぎたのもあるけどそれよりも暑さによる影響が大きい。コース上の水掛けや氷が本当にありがたかった。往復コースなので仲間と声を掛け合ったりしてなんとか気力を振り絞ってゴール。

リザルト

 f:id:ogawork123:20170717102232j:image

リザルトは2時間26分。スイム25分、バイク1時間11分、ラン50分弱といった感じ。総合順位の下1桁が2だったおかげでメロンが当たった(総合32位、年代別9位)。もしかするとスタート前のリンゴとミカンはメロンが当たることの布線だったのかもしれない。ランで失速しなければ目標の2時間20分に届いた可能性もあったと考えると課題は自ずと見えてくる。そんなことを考えつつも一昨年よりもタイムを14分(スイムで6分、バイクで6分半、ランで1分半)短縮できたのは良かったと思う。一昨年出た時よりも参加者のリザルトが全体的に良くなっていて年々大会のレベルが上がってきているのではないかと感じる。 

f:id:ogawork123:20170717192609j:image

という訳で大井川港トライアスロンに出るのは今回2回目でしたが、やっぱり地元開催の大会というのもあってたくさんの仲間と会えるのがいいなと思いました(たくさん応援も頂き、本当に感謝です)。選手もスタッフも観客もみんな何かしらの縁で繋がっています。今日はそういったものを強く感じる1日にもなりました。ありがとうございました。

以上です。