20130914_平ノ尾〜湯ノ島〜崩野〜大間〜福養の滝(Bike:95km)

今日は仕事の予定だったのですが、急遽中止となったので12時頃から走ってきました。

藁科川沿いに北上して行くと差し掛かるこのお馴染みの交差点。

直進すると湯ノ島へ、左に曲がると蛇塚裏ルートの犬塚なのですが、右に曲がると諸子沢に行けます。

普段行くルートではありませんが、今回は右に曲がって諸子沢方面に。

しばらく登って行くと、平ノ尾への分岐があります。

ここにある地蔵堂の辺りの坂が激坂みたいなので、その調査を兼ねて平ノ尾に行ってみることにしました。

これは・・・確かに激坂。

一瞬ではありますが、サイコンによると最大勾配は22%になっているようです。

その先も、まだまだ登って行けます。

文字が霞んでしまっていますが、林道諸子沢峯線と書いてあります。

林道というだけあって、途中舗装路を挟みながらもロードバイクには厳しい砂利道が続いて行きます。

この先、湯ノ島の奥か、大間の奥まで抜けれるようなので、淡い期待を胸にひたすら登っていくと見晴らしのいい場所に出ました。

しかし、このお山の案内をみる限りではまだまだ先は長そうな感じです。

この先、船がみえたり、街が見えたり、富士山がみえたりするらしいので、是非とも行ってみたかったのですが、ここら辺がロードバイクの限界でした。

マウンテンバイクなら、もしかしたら通行止めの箇所を越えて井川まで抜けれるんじゃないでしょうか。

その後は交差点まで戻ってから湯ノ島に行って玄国茶屋で休憩、今度は更にその先の崩野に向かいました。

ここを左に曲がります。

崩野の奥には朝日滝という滝があるようだったので、そこまで行けたらと思っていたのですが、早々にロードバイクで行ける道では無くなってしまったので断念しました。

崩野の手前の八草への道から撮った写真ですが、遠くにみえるのが楢尾でしょうか。

最後に福養の滝まで行ってみることに決め、引き返して今度は大間へ向かっていると道路の真ん中になんか黒光りしてる変なのが歩いてました。

こ・・・これは・・・

カブトムシじゃないっすか!?

まさかサイクリング中に初ゲットできるとは思いませんでした。

これも何かの縁なので、一緒に連れていくことにしました。

しばらく登っていくと第一・第三日曜日に縁側カフェを開催してる大間の集落に着きました。

この辺りは景色もいいですし、機会があれば一度お邪魔させて頂きたいものです。

そして福養の滝の入口に到着。

ここに来たのはもしかしたら10年ぶりくらいかもしれません。

以前は原付で来たのですが、今回は自転車・・・昔は自転車で来るような場所だとはまったく思っていなかったですね。

200mほど歩いて行くと福養の滝が目の前に現れました。

大迫力とまでは行きませんが、ここの落ち着いた感じは結構好きです。

久しぶりに来れて本当によかった。

しばらく一緒にヒルクライムしてきたカブトムシ君ともここでお別れです。

サイクリングに彩りを添えてくれて、どうもありがとうございました。

持ち前のアグレッシブさで残り少ない夏を満喫して下さい。

あと、道に出てくると轢かれちゃうからそれだけは注意でよろしくお願いします。

とは言ったものの、富沢の辺りの無人販売機で栗売ってたし、もう完全に秋ですね。

カブトムシ・・・フォーエバー。

以上です。