20140316_大山(Bike:50km)

今日はMTBで、前回積雪の為に途中で断念した大山まで行ってきました。

ショップ集合で早速出発、メンバーは前回よりも多い7名。

今回は部長やしょうさんも参加でした。

以外と道のりは長く、頂上の鉄塔に行くまでにはもうヘトヘト。

H岩さんの背中を追って登ってきましたが、途中で千切れてしまいました。

頂上にはベンチがあったので、ここでランチタイム。

大山は結構標高も高い(986m)のもあって、ここからの景色は最高です。

メンバーはいつものメンバーなのに、今日はロードバイクではなくMTBというのも、なんだか少し不思議な感じもしてしまいます。

この後は、突先山まで縦走できるようだったので、DOG元さんの強い希望で試しに行ってみることになりました。

少し行くと開けた場所に出たので、景色を眺めてみると。

その先には大棚山が。

大棚山と言えば、玉川トレイルレースのコースなので去年走っているのですが、山の全貌を見るのは今回が初めてな気がします。

大山と突先山も思いっきりコースに入っていたので去年走ってるはずなのですが、正直なところ全然思い出せません。

おそらく必死すぎて周りの景色とか地名が頭に入ってこなかったのでしょうね。

フルマラソンも過酷ですがトレラン40kmもやっぱり過酷だったということで。

突先山へと向かって行くと、途中からだいぶ道が悪くなってきて、倒木が目立つようになってきました。

そしてついに回避するのが困難な倒木に遭遇したので、今回は潔く諦めて撤退することになったのですが、真っ先に出たDOG元さんの「引き返しましょうか」という一言に歓声が上がったのでした。

一旦、大山まで引き返した後は、獣道のような草の生い茂った道を下り、そこからは来た道を引き返して帰るチームと、尾根沿いにトレイルを抜けて大原の方に抜けるチームと二手に分かれることに。

自分とSeiさん、しょうさん、H岩さんはトレイルで大原まで抜けることにしました。

ここからはハードなコースになってくるので、プロテクター装着、でもしょうさんはプロテクターナッシング。

SEIさんの安全走行レクチャーを受けてから、気持ちのいいトレイルをガシガシ進んでいきます。

最初の方は2、3回転んでしたりもしましたが、その後は安全第一でなんとか転ばずに切り抜けました。

ちょっとスリリングな箇所もありましたが、程よいアップダウンが続く区間とかは本当に走ってて楽しかったです。

みんな無事に大原まで抜けることができ、土手沿いにポタリングして帰ったのですが、何故かこんなところに迷い込んだりしてしまったのもMTBならではといったところでしょうか。

そうそう、先日、国土地理院のデータが3Dで見ることができるようになったとのニュースを見つけて、早速どんな感じか見てみました。

この日の大山のコースを3Dにするとこんな感じに。

データ化して3Dプリンタモデリングすることもできるようで、なかなか面白い試みだと思いますし、高低差がイメージしやすいので、トレイルの情報を得るのにもこれから役に立ちそうです。

それにしても、今日は物凄く充実したトレイルライドだったように感じます。

ロードバイクも良いですが、MTBもトレイルランと自転車のハイブリッドな感じがしていいですね。

同じ自転車ですが、楽しみ方にまた違った広がりがあるように思います。

皆様、今日はどうもありがとうございました。連れてってもらえて感謝です。

以上です。