北海道縦断について_その4

実際に荷造りをしてみると、結構サイクルウェアのボリュームが凄かったです。

紫色の袋がサイクルウェアですが、25リットルのサイドバックの片方がこれだけで埋まりそうな気がします。

〜袋の中身〜

バフ×2
ノースリーブメッシュ×2
インナー半袖×1
インナー長袖×1
アームクーラー×1
ジャージ半袖×1
ジャージ長袖×1
ウインドブレーカー×1
反射ベスト×1
半切りグローブ×1
指付きグローブ×1
ビブショーツ×1
アンダータイツ薄手×1
アンダータイツ厚手×1
靴下×2

これ以外に雨具もあるので、更にボリュームが出そうです。仮に雨が降らなくても防寒着として普通に使えるレインウェアは何かと便利(・∀・)

6日間の予定にしては絞ったつもりでしたが、もう少し検討の余地があるのかもしれません。

一応、洗濯道具も用意していきます。ハンガー、洗濯バサミ、洗濯ネット、アルミバッグ、洗剤・・・あとは水道さえあればどんな場合でもなんとか。

他には、行き帰りの移動や宿で着る用の普段着と靴が必要。靴はKEENのトレッキング用のサンダルを持っていく。嵩張らないのと防水性が決め手でした。MTB用のビンディングシューズならそれだけでもいけるのでは?というアドバイスも頂いたのですが、まだ使ったことがない状況だったので今回は見送りました。

ロードバイクだと、荷物の量に制約があるのでどれを持ってくかもそうですが、どれを捨てるかが難しいですね。例えばタイヤも持っていった方が安心だけど、走行不能なほど駄目になる確率がどれほどあるか、それを踏まえた上で持ってくべきなのかどうか・・・といった具合に(^_^;)

以上です。