20161030_ツール・ド・わらしな(Bike:80km)

今日はツール・ド・わらしなを開催しました。

f:id:ogawork123:20161031081144j:image

ツール・ド・わらしなとは藁科方面を走って主に区間毎の成績を競い、総合優勝を決めるというロードレースです。総合優勝者にはマイヨ・ワラの称号が与えられます。本日の区間は①小瀬戸〜久能尾、②赤沢〜湯ノ島、③蛇塚、④富沢〜羽鳥の4つ。メンバーはAKBさん、ムラーラくん、ニーハイ監督、自分の4人です(途中でしょうさんとT郎さんも合流)。

①小瀬戸〜久能尾ステージ

小瀬戸からぼちぼちなペースで走っていき、久能尾と赤沢の分岐の辺りから徐々にペースアップ。最終的にAKBさんと自分が大体同着でゴール。

②赤沢〜湯ノ島ステージ

スタート直後からAKBさんがぐいぐい引っ張っていき短い登りでは加速、人数が減っていく。湯ノ島までなんとか着いて行って最後の勝負になるかと思いきや、催し物の関係で交通量が増えたのでペースを落とす。ここも大体同着。

③蛇塚ステージ

ムラーラくんがスタート前に離脱でDNF。途中参加のT郎さんがここでは圧勝。AKBさんと自分はだいぶ遅れてのゴール。監督は気合いで登り切る。ここまで来れば完走は目前。

④富沢〜羽鳥ステージ

ここでもAKBさんが強くて、最後はほとんど同着だったものの内容的には圧敗。AKBさんならツール・ド・おきなわ市民210も完走できるだろうなと確信。ニーハイからの刺客監督に今回はぶっ潰されないことに成功。

そして本日のレース完了です。厳正な審査の結果、初代マイヨ・ワラはAKBさんとなりました。テッテレ〜、おめでとうございます。まだ準備がないですが、マイヨ・ワラジャージのようなものも何かあるといいですね。あまり手の込んだものでなくていいと思いますが。皆さんご参加頂きまして本当にありがとうございました。

今回初めて他の参加者を交えての開催となったツール・ド・わらしなですが、ツール・ド・フランスのように1年2年、10年、100年と歴史を重ねて大きく発展していけたらいいなと思います…と言うのは冗談ですが、ツール・ド・わらしなはここ最近のオクシズの盛り上がりに便乗し、間接的に藁科の魅力発信に寄与していきたいと思います。

f:id:ogawork123:20161031082003j:image

〜湯ノ島にある玄国茶屋のそば〜

600円で美味しいおそばが頂けます。プラス100円で天ぷら付きにできるのでそちらもおすすめです。ツール・ド・わらしなはグルメも頑張ります。

f:id:ogawork123:20161031082200j:image

〜蛇塚にある花の木休憩所〜

今日は霧に包まれた白蛇でした。白蛇塚と言えば縁起物なので、何か得することもあるのかもしれません。晴れた日には富士山が観えることも。ツール・ド・わらしなでは地域の四季折々の景色を楽しみます。

以上です。